Yahoo! Widget Engineにはアニメーションのためのオブジェクトがいくつか用意されています。

表示位置を徐々に変更することのできるMoveAnimationオブジェクト、不透明度を徐々に変更することのできるFadeAnimationオブジェクト、回転角度を徐々に変更することのできるRotateAnimationオブジェクト、そして大きさを徐々に変更することのできるResizeAnimationオブジェクトの基本的な4つのオブジェクトと、変更処理の部分をWidgetで定義することのできるCustomAnimationオブジェクトがあります。

これらのオブジェクトを実行することで、ある程度のアニメーションを表現することができ、またこれらは同時に実行させることもできるので、それなりの表現をアニメーションオブジェクトだけで実現することができます。

しかし、揺らめく水面や風になびく旗など、複雑なアニメーションはこれらだけで表現することはなかなか困難です。そのような場合は本当の(昔からの)アニメーションのように連続変化させる一連の画像を用意しておき、それらをTimerオブジェクトなどを使用して一定時間ごとに入れ替える――といった方法で実現せざるをえないかのように思えます。

ところが。

そんなフレーム切り替えの手間をさえ省くことのできるフレーム型アニメーションの手段が、Yahoo! Widget Engineには用意されていることはご存知でしたでしょうか。

その手法とは何のことはありません。

アニメーションGIFです。d(^^;

Yahoo! Widget EngineはアニメーションGIFに対応しています。そのため、ブラウザと同じようにあらかじめ用意したアニメーションGIF画像をImageオブジェクトのsrc属性に指定することで、Widget上で簡単にアニメーションを表示させることができます。

ただし、Yahoo! Widget EngineではGIF画像に不透明度が適用されませんので、透過色を含む画像または不透明度を変化させるアニメーションの場合には、残念ながらこの方法は使用することはできません。

* * *
·トラックバック i
name sign site
·コメント i ここでは「w≠笑」です。
のどか 2007-04-10 10:10
·
きょう、変更するはずだったみたい。
検索
メイプルストーリー
ロリポップ!
Opera
NOw 時間ねぇー