風葉音 2006-10-01 20:01

·牛ツアー - Indian style -

牛ツアー - Indian style -

以下のイベントを開催しました。

内容
牛ツアー
ワールド
あんず
日時
2006-09-30 21:00〜
集合
12チャンネル「中央ダンジョン : 回復サウナ室<高級>」
行程
「中央ダンジョン : スリーピーウッド」〜「中央ダンジョン : 呪われた神殿」
条件
以下のいずれかに該当する方はご遠慮ください。
備考
レベルが低すぎる方や高すぎる方は退屈する可能性があります。また、イベントタイトルに合わせてペリオン帽やインディアン帽をご用意する必要はございません。

いまさらですが、ひさびさに牛ツアーを開催します。
高級サウナまで。2次職くらいまでのレベルの方推奨です。

ホントひさびさです。あんずの香りで牛ツアーを開催したのは、昨年末の大掃除以来、実に9ヶ月ぶりとなります。(^^;

そしてまた、例によって今回もフツーの牛ツアーではありません。今回盛り込んだネタは――

マハトマ・ガンジー(Mahatma Gandhi)
インド独立運動の指導者。その運動が非暴力主義を掲げて行われたことはあまりにも有名。
ヒンドゥー教(ヒンズー教、Hinduism)
輪廻や解脱という概念、カーストという身分制度が特徴の多神教。インド・ネパール地域の民族宗教。牛を聖なる動物として崇める。

――恐れ多くもこのふたつです。そう、今回のイベントタイトルはこれらに共通の単語「インド」に由来しています。d(^^;

そしてその具体的な実施内容とは――

そうです。神聖な牛には非暴力ということです。d(^^;

事前にそれを知らされていない参加者の皆さんはしばし沈黙。

つまらなさそうだと思われた方、ここで帰られても結構ですよ。

今回の内容説明はこんなセリフを何度も発してのものとなりました。(^^ゞ 実際、おふたりほど説明を始めてから出発までに帰られたようでした。

当初は最初から牛まで(バルさんは除外)攻撃禁止にしようかとも思ったのですが、ホントにそうしていたらどのくらいの方に残っていただけたでしょうか。(^^A 結局、最初から攻撃しないというのは余裕のある方のみとしました。

1グループ編成できれば御の字かと思っていましたが、9人もの方が参加いただけることになり、2グループでの出発となりました。ありがとうございます。(__)

ということで出発です。いつもどおり、アリの巣広場と神殿の入口で途中集合する形で移動を開始しました。うちの娘は牛以外も攻撃しないスタンスを取りました。…1回、ゾンビキノコにヒールが当たってしまいましたが。(^^ゞ

ちなみに――

スクリーンショット撮影のタイミングですが――

てきとーです(^^A しいていえば、撮影キーはジョイパッドに割り当てていないので、うちの娘の動きが止まったときが多いかと思います。

ま、それはさておき。

神殿の入口まで、報告の材料になるようなハプニングも起こらず万事滞りなく全員無事に到着しました。

洞窟部分を経て聖なる牛のいる神殿内部に到達。当初、誤って(?)攻撃してしまう方も見られましたが、すぐに攻撃を停止してしばらく牛と旧交を温めていました。ところが――

今回唯一のレベル20台で参加のうにブーツさんが犠牲となってしまいました。そのまま離脱されるとのことで、ここでごあいさつを。ちょっとレベル的にきつかったところをご参加いただきましてありがとうございました。(__)

さて。身を挺して聖獣への生贄となったうにブーツさんの供養のためにも、もっと牛と戯れなければなりません。ひとまずここには赤牛しかいませんので、青牛もいる奥へと進みます。

ご覧のとおり、表示されているダメージはどれも紫色ですので、わたしたちのダメージですが――

うーむ。

もし事情を知らない傍観者がいたとしたら、ひたすら牛のダメージを受けるだけの集団(=わたしたち)を見て、どう思ったことでしょうか。気になります。(^^;

ものすごくやってみたいです

ところで、上のスクリーンショットにも写っていますが、九一六三さんがアルファベットで「TOUR」の演出をしてくださいました。(^^)/ 素晴らしいです。その場では申し上げることができませんでしたが、ありがとうございます。

さて。攻撃もせずに牛と戯れていると、やはりレベルの高い皆さんはここに来ていた当時を思い出されたようで、らふれっとさんなどは――

――と少々険しい顔で吐露されました。やっぱりお墓な記憶のようです。いやー、うちの娘はそのレベル50ですが。(^^A

しばらくこのようなことをしていたところに、先行していたシャーボックさんから奥にバルさんことジュニアバルログがいるとの入電グループチャットが。おぉ、これは行かないわけには参りません。

で、奥へと向かったのですが――

いきなり仔玉さんがお墓に。さすがにクレリックには厳しいです。うちの娘も用心しなければなりません。

しばらくバルログの動きに合わせてわたしたちも行ったり来たりと、「はないちもんめ」のように右往左往していたのですが、これでは終わりがありません。とはいってもこの人数で攻撃を始めれば多分一瞬でしょう。どんなショットでフィニッシュにしようかと考えていました。

あ。

あー。orz

ふがいないことに両グループのクレリック、共にリタイアです。(^^ゞ

はい、ポジティブシンキング完了

ということで皆さん、見える範囲で倒してくださいね。(^^)/

こんな感じで、これ以上犠牲者を出すことなくスクリーンショットのフレーム内で倒していただけました。お疲れさまでした。

最後に、スリーピーウッドで再会した方々と阿修羅グレイから一言ずついただきました。

卍まこぐー卍さん 「まこぐーは永遠に不滅です」
xAMINOxさん 「墓落とさなくてよかった。」
九一六三さん 「今日はいい天気ですね。」
仔玉さん 「ネクソンのイベントより面白いです。」
ああ都よさん 「契約を守ったらやられました」
らふれっとさん 「久しぶりのギリギリ感・・・かな」

皆さん、ご参加いただきありがとうございました。今回は特に攻撃禁止という他ではまずありえない制限をかけたために、デスペナルティに見舞われた方にはお詫び申し上げます。(__)


guests: (level ordered)
  • うにブーツさん (ローグ)
  • 卍まこぐー卍さん (シーフ)
  • 仔玉さん (クレリック)
  • ああ都よさん (ソードマン)
  • トモヒロ博士さん (ソードマン)
  • らふれっとさん (ハーミット)
  • xAMINOxさん (ドラゴンナイト)
  • 九一六三さん (ハーミット)
  • シャーボックさん (ドラゴンナイト)
attendant:
  • 杳香ちゃん (クレリック)

どのページへ行くんですか?


キャラクター名の掲載は許可をいただいた上で行いました。

1年前の9月、当時は拡声器による開催告知がしばしばみられた牛ツアー。それをクレリック・プリーストだけでやってみてはどうだろう――。それはあんずの香りのイベント開催の始まりの瞬間でもありました。

時は流れレベルの平均値が上がり、ルディブリアムやリプレなどのマップが追加され、タウロマシスやタウロスピアー、そしてジュニアバルログの存在がそれほど特徴的なものとなくなるにつれて、牛ツアーの開催もみられなくなってきました。

新しいマップが追加されているので、新たな場を展開するのが時流に乗ったことなのかもしれませんが、これまでの開催イベントをごらんになればお分かりのとおり、やはり牛ツアー以上のものは残念ながらわたしには提供することはできませんでした。

レベルもギルドも違う人たちがこのように共通の経験をするというのは、なかなかできないことだと思います。

牛ツアーに代わるものはない――

それがこの1年間、約20のイベントを開催してきた率直な感想です。

わたしは、牛ツアーで知り合って友達リストを交換した方と、しばらくログインされないこともあったりしますが、一番長く交友させていただいております。そんなこともあってわたしにとっての牛ツアーというものは、そんな方を与えてくれた大変ありがたい存在となっています。

その一方で、イベントを開催する立場に立つと、牛ツアーであれば参加者数を見込めるだろうという、別の意味で大変ありがたい存在と捉えている下心に気がつきました。

こんなふたつの別々の思いを抱いて何回か牛ツアーを開催してきましたが、そのストレスからあるとき、もうあんずの香りで開催するのはやめにしようと思いました。しばらく牛ツアーを開催していなかった理由はここにあります。

これを最後にしよう――イベント開催1周年となる今回の開催は、わたしにとってはふたつの思いで開催してきた牛ツアーと決別する、最後の開催でもありました。

今回をもちまして、あんずの香りは牛ツアーの開催を終了いたします。

これまで参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

報告をご覧いただいた皆さん、ありがとうございました。

そして、牛ツアーというものを考案された見知らぬ方、ありがとうございました。

2006-09-30 風葉音

俺たちにはあいさつなしかよ!

* * *
·トラックバック i
name sign site
·コメント i ここでは「w≠笑」です。
v天才vさん 2006-10-25 00:27
·
おひさしぶりです。メガティスsは最近顔出してますか?
風葉音 2006-10-25 22:10
·
v天才vさん。

コメントありがとうございます。
メガティスさんですが、最近はイベントには報告の通りいらしていませんし、ログインされているところも見ておりません。
ブログも放逐状態のようですし、どうされているのでしょうかね。

p.s.
記事内容についてではないコメントについては、「ご意見・ご感想」へお願いいたします。
検索
メイプルストーリー
ロリポップ!
Opera
NOw 時間ねぇー